鉛筆検査証票
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

鉛筆検査証票

 まるで切手のような鉛筆の検査証票の一種。


 



日本輸出鉛筆工業組合聯合会の検査証票。プラトン鉛筆のグロス箱に貼られていた物です。

 ○公は公定の規格の意か。「数3」と言う表記は鉛筆の種別です。戦前の鉛筆には○にD、カッコに3、などの英数表示があり、それぞれ普通鉛筆の「D」、特殊鉛筆の「3」なとど分類していたようです。特殊とは写真修正用などの用途なのか?(中に入っていたのはプラトンの高級製図用鉛筆5000番。(3)の表記は無し。)

 切手はあまり持っていないのですが、大正から戦前にかけての田沢とか毛紙と呼ばれている普通切手のデザインになんとなく似ています。消印もありますが、明治の二重丸印のような印影です。





2010.4.11

文具資料室に戻る

戻る